日本地域看護学会第21回学術集会
2018年8月11日(土)・12日(日)
長良川国際会議場(岐阜市)

プログラム

学術集会長講演、教育講演、理事会企画セミナー、シンポジウム、指定集会、 ワークショップ、一般演題、ランチョンセミナー、市民公開講座等 を予定しています。
(以下は予定です。今後変更の可能性があります。)

学術集会長講演

地域看護学の「教育」「研究」の充実と「実践」の改革
北山 三津子(岐阜県立看護大学 教授)

特別講演

“健幸”地域を育む市民と行政の協働-アクションリサーチの可能性
草郷 孝好(関西大学社会学部 社会システムデザイン専攻 教授)

教育講演

教育講演Ⅰ

地域における看護職の役割拡大・新たな活動の開発 ~コミュニティナースの実践活動より~(仮)
矢田 明子(Community Nurse Company 株式会社 代表取締役 / NPO法人おっちラボ 代表理事)

教育講演Ⅱ

効果的な保健活動を目指した組織改編による地区担当制の推進 ~豊田市の取り組みから~
柴川 ゆかり(豊田市役所保健部地域保健課長)

教育講演Ⅲ

メンタルヘルス支援における従業員による自主的な職場環境改善への取り組み
高崎 正子(東芝メモリ株式会社四日市工場総務部健康支援センター参事)

シンポジウム

シンポジウムⅠ

実践の改革につながる研究とは

松波 実智誉(岐阜市健康部北市民健康センター主幹兼地域保健係長)
杉田 由加里(千葉大学大学院看護学研究科 准教授)
兵庫県立大学大学院看護学研究科次世代看護リーダーコース修了者
千葉大学大学院看護学研究科看護システム管理学専攻修士課程修了者

シンポジウムⅡ

実践現場と大学との連携による人材育成

小林 恵子(新潟大学大学院保健学研究科 教授)
石井 恭子(佐渡市役所市民福祉部市民生活課健康推進室保健係長)
岐阜県立看護大学教員
岐阜県内市町村保健師

理事会企画セミナー

住民参加・協働と倫理(仮)

指定集会

指定集会Ⅰ

県と大学との連携による保健師現任教育の体制づくり-岐阜県の取り組み-

岐阜県健康福祉部保健医療課保健企画監
山田 洋子(岐阜県立看護大学 准教授)

指定集会Ⅱ

訪問看護師のキャリア向上を図る教育体制づくり

椎名 美恵子(東京都訪問看護ステーション協会長)
柏木 聖代(横浜市立大学医学部看護学科老年看護学領域 教授)

市民公開シンポジウム

住み慣れた地域・我が家で最期まで暮らすために~在宅療養を多職種で支える

繁澤 弘子(有限会社耕グループ統括責任者/くわのみ訪問看護ステーション管理者)
入学 佳弘(岐阜市地域包括支援センター南部センター長)
市橋 亮一(医療法人かがやき総合在宅医療クリニック理事長)
看取りを経験したご家族

その他

共催ランチョンセミナー、一般演題(示説)、ワークショップ、企業展示、懇親会等 予定


Top